竹製のマウスとキーボード


なんとも言えぬ暖かみ!竹製のマウスとキーボードが世界的に大人気―江西省
10月5日11時55分配信 Record China
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091005-00000009-rcdc-cn
2009年10月3日、中国新聞網によれば、江西省のある企業が開発した竹製のマウスとキーボードが世界的な人気を得ており、生産が追いつかないほどとなっている。
この竹製マウスとキーボードを生産しているのは江西省銅鼓県にある竹木工企業。社長の馮(フォン)さんは「商品開発に3年以上かかった逸品」と話す。プラスチックにはない自然の材質が持つ暖かみが特徴で、製造工程もプレスや塗装など40以上のプロセスを踏む手が込んだものだという。タッチ音が小さく、表面温度も常に一定を保ち、静電気を防ぎ、内部部品の寿命も長くなるなど、いいとこづくめだ。江西省北西部に位置する銅鼓県は自然の宝庫で、材料となる孟宗竹が多く自生している。
現在、同社では年間180万台の竹キーボードを生産し、米国や韓国、トルコ、欧州など各国に輸出しているが、いずれの国でも話題を呼んでおり、生産が追いつかない状態だという。(翻訳・編集/岡田)



なんか、中国製品で初めて「いいかも!」って思わせられたんですけど、まぁ実物を触ってみなきゃねぇ。




先日、ドコモの木製携帯の話題を紹介しました。あのとき、そういえば、木製のマウスとかキーボードってのが、あったよなぁなんて思い出してたのですけどね。




オウルテック キーボード 日本語106キー USB 木製ピアノ風ブラック塗装 OWL-KB106PI

オウルテック キーボード 日本語106キー USB 木製ピアノ風ブラック塗装 OWL-KB106PI

  • 出版社/メーカー: オウルテック
  • メディア: エレクトロニクス




オウルテック マウス 光学式 USB接続 木製 サペリ材 OWL-MOUSP

オウルテック マウス 光学式 USB接続 木製 サペリ材 OWL-MOUSP

  • 出版社/メーカー: オウルテック
  • メディア: エレクトロニクス




これだな。日本製のやつ。

でも、なんか在庫がないようだ。
お高いってなハナシもあるし・・・。
posted by 横十軒川ワタル. at 13:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/129542837
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。